08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

蕨山③ 

蕨山②の続きです。

静かな林間の登山道を結構な積雪の中慎重にそして軽快に下ってゆく。
下山途中にも全く他の登山者と会うこともなく、毎回こうだと少し寂しすぎるが、たまにはこんな静かな山行もいい。


12031311.jpg
OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

しばらく行くと視界が開け、有間山からの谷筋であろうか、奥へ奥へと誘われるような風景が広がっている。


12031311.jpg
GR DIGITAL 3

山を登っていて林道などを目の当たりにすると自然の中で何か違和感を感じるというか、勝手な意見を言わせてもらえば興ざめな感じがすることが多いが、なぜかこの林道は周りの風景に馴染んでいて心が惹かれる。


12031311.jpg
GR DIGITAL 3

登山道の雪も自然と消え、いったん登山道が林道を横切るあたりからも、青空の中雪を積もらせているであろう棒の嶺が。


12031314.jpg
OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

再び登山道は雑木林の中へ。
途中、妙にそこだけ平らに開けていて細い道?が続いている、とても印象的な場所に出会う。
こんな風景との出会いが心から愉快であり、自分の中でまた山登りへ行きたいと思わせる大きな理由のひとつとなっているのではないだろうか。
スポンサーサイト

category: 蕨山

Posted on 2012/04/01 Sun. 09:50  edit  |  tb: 0   cm: 0  

蕨山② 

蕨山①の続きです。


GR DIGITAL 3

蕨山の展望台は奥武蔵の山々を一望にできるかのような眺望が魅力。
条件さえ合えば日光の山々や浅間、そして都心を望めることもあるそうだ。



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

特に名栗湖をはさむ形で望む棒の嶺から延びる稜線とその奥に鎮座する川苔山の美しさに心を奪われる。



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

この日はPEN FTのデビューも兼ねての山行だったので、機械式のフィルムカメラのデジタルと比較すると少々煩わしいとも思える操作を楽しみながら、静かな山頂で時が経つのも忘れ撮影する。



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

まったりとした時間を過ごしていると、やっと後続の登山者があがって来た。
彼も単独行なので静かな山頂を独り占めさせてあげようと簡単な挨拶を交わし下山することとする。



蕨山③に続きます。

category: 蕨山

Posted on 2012/03/22 Thu. 22:57  edit  |  tb: 0   cm: 0  

蕨山① 

2012年3月13日 晴れ 

蕨山、以前武川岳に登った時に名郷バス停より多くの人が向かうのを見て、いつか登ってみたいと思っていた山だ。
冬の平日ということもあり、名郷で降りたのは自分の他にカップルが1組。そのカップルも武川岳方面に向かったのか蕨山の登山口から山頂に向かうのは自分一人で、文字通りの単独行となった。


GR DIGITAL 3

雑木林の中を沢伝いに登ってゆくと、水の音以外は全く耳に入らず森の空気と一体になってしまったかのような錯覚を覚え、自然と無心となり心がリラックスしてゆく。
時々こうして山に入り自分をリセットするために単独での山行を楽しんでいるのだとあらためて気付かされる。

沢の水が枯れ水音が遠ざかると代わりに鳥のさえずりが耳楽しませてくれ、疲れを覚えず高度を稼ぐ。



GR DIGITAL 3

尾根にあがると視界が開け一気に展望が楽しめるようになるが、その代わり冬の風も容赦なく吹き付けフリースの上にハードシェルを羽織り寒さをしのぐ。
ここからは尾根伝いに急登を交えながら登ってゆくのだが、予想通り徐々に雪が目立ち始める。




GR DIGITAL 3

まるでスノーハイクを楽しみにきたかのような積雪に嬉さと少しの恐怖を感じつつ、ちょっとした岩場を含む急登を慎重に進む。
冬の快晴と雪と静寂、この完璧な組み合わせを独り占めというのは少々贅沢が過ぎる。

途中、あまり皆に振り向かれることのない蕨山の本来のピークである最高点に向かい、あまり人が行かないだけに時折膝までもぐるほどの雪に難渋しながら進み、雪で埋まったベンチ付近でGPSにより山頂を確認。



GR DIGITAL 3

分岐に戻り尾根を進むと展望台のある山頂に向かって一気に空が開け、皆がこちらを目指すのは仕方ないと思える程、本来の最高点より山頂らしい風情のあるピークに登り詰める。



GR DIGITAL 3

360度とはいかないものの、絶景のパノラマを独り占めしながら昼食をとり、まったりと静かな山を楽しむ。


蕨山②に続きます。

category: 蕨山

Posted on 2012/03/18 Sun. 00:11  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。