04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

川苔山② 

川苔山①の続きです。


GR DIGITAL 3

川苔山の登山道はさすが人気のコースだけあってとても良く整備されていて 沢の瀬音とやわらなか陽ざしの中のハイキングはこの上なくリラックスできる極上の時間与えてくれた



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

あらかじめ地図で確認していたことではあるが 百尋ノ滝を過ぎてから山頂までは 時折意外な程の急な上り坂があり 近郊の山だからといってなめてかかっていた訳ではないが 思わぬ急登に息が上がりつつなんとか頂上へ向かう稜線へ出る



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

稜線では程よい風がそよぎ 汗だくの体に絶妙に心地よい 思わず仰ぎ見る空も笑いが止まらないくらいのアオ



GR DIGITAL 3

昼時でもあるので頂上では多くのハイカーがそれぞれのグループでランチ中
単独行としてはこの楽しげな雰囲気に圧倒されながらも展望を楽しむ 残念ながら期待していた奥武蔵方面の展望は樹木が邪魔でイマイチだったが 雲取山方面だろうか 西側の展望は素晴らしく写真撮影に時間を忘れる

同じ単独行の方と少しおしゃべりをしながら 棒ラーメンとベーコンエピのランチをささっと済ませ下山する



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

途中の分岐で道標のたたずまいに心を惹かれ古里駅への道に進みたくなったが きちんと下調べもしていないので 心残りだが当初の予定通り鳩の巣駅に向け下山の途に着いた
スポンサーサイト

category: 川苔山

Posted on 2012/06/10 Sun. 17:33  edit  |  tb: 0   cm: 0  

川苔山① 

2012年5月19日 晴れ 

先日行った平日の奥武蔵とは正反対に多くのハイカーでにぎわう奥多摩へ行ってきました。
登山口である川乗橋へ向かうバスは 臨時便が2台走って都合3台に分かれても なおラッシュ時の電車のように満員のすし詰め状態で あらためて川苔山の人気の高さを思い知る。 


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

老若男女数十名にて賑わう登山口で あえてゆっくりと時間を使って準備を整え あたりに静けさが戻る頃同じ単独行の男性の後を追うように出発する。

沢に沿うように進んでゆく登山道は 今日のように日差しの強い日には 程よい日陰と涼しげな沢の音が相まって非常に心地よく ゆっくりと高度を稼いでゆく登山道を進む足も思いのほか軽い。


12051902.jpg
GR DIGITAL 3

せせらぎにこれぞと言わんばかりの木漏れ日が輝き その申し分のない風景に 少し大げさかもしれないが山の空気によって心が満たされる思いだ。


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8


谷を進む道は規模の差はあるもののいくつかの滝があり それらを楽しみながら歩けることが魅力の一つだが 川苔山にもこの滝を見るためだけでもここまで足を運ぶ価値があるとさえ言える程 思いのほか立派な滝があり 多くの登山者が写真を撮ったり滝を眺めながらの大休止をしたりしている。



GR DIGITAL 3

百尋の滝 百尋がどれほどの長さなのかにわかには分からないものの 思わず息をのむようなスケールの滝であることには間違いがない。
マイナスイオンを全身に浴びながら 気の向くまま ゆったりとした山の時間を満喫し 思う存分くつろぐ。


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8


川苔山②に続く

category: 川苔山

Posted on 2012/06/04 Mon. 22:40  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。