10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

常念岳② 

常念岳①の続きです。


RICHO GR DIGITAL 3

常念乗越に出る頃には雨は本格的な土砂降りとなり 一時小屋に避難し天気の回復を待つも この後の好天は期待できそうにない気配
山で良い写真を撮って皆に褒めてもらいたいなどというヨコシマな考えは捨て 山としっかり向き合えとのお告げか どうも最近の山行は雨や霧で折角の眺望が得られない
この小屋の後ろに現れる穂高連峰や槍ヶ岳を見ることが 今回の大きな目的だっただけに残念だ



RICHO GR DIGITAL 3

それでも気を取り直して頂上へ 当然あたり一面ガスに覆われている
少し雨が落ち着いている隙を狙って スープとパンの昼食を殆ど人のいない頂上で楽しむ


RICHO GR DIGITAL 3

考えてみれば 前回の雲取山同様 人気の山の頂を独占できることはある意味シアワセ
景色を楽しむばかりが山じゃないと強がる

登りでは気付かなかったが 大きなカメを発見し一人ニヤつく


RICHO GR DIGITAL 3
スポンサーサイト

category: 常念岳

Posted on 2012/08/19 Sun. 16:48  edit  |  tb: 0   cm: 2  

常念岳① 

2012年7月21日 雨


RICHO GR DIGITAL 3

早朝の駐車場は晴れてはいないものの雲の流れが早く 山の頂もガスはなく 天気予報の通りこれからの好天を予感させたが 出発して登山口に着く頃には雨がパラつき始める



RICHO GR DIGITAL 3

沢沿いの登山道は森も深く 少々の雨はまったく気にならず 豪快な水音を聞きながらじっくりと登ってゆく
早朝であり雨模様の天気ということもあって 人気の山のはずが殆ど登山者を見かけない


RICHO GR DIGITAL 3



RICHO GR DIGITAL 3

普段歩いている山の沢とはあきらかにスケールの違う水量に圧倒されながら 時折強く降る雨が打つレインウェアの音を伴奏に 深く高い頂きを目指す道をひとり静かに楽しむ


常念岳②に続く

category: 常念岳

Posted on 2012/08/13 Mon. 17:11  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。