04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

大町アルプスマラソン2014 


2014.10.19 

初マラソンに挑戦するのに大町アルプスマラソンを選んだのはなんといってもそのロケーション。
幼いころより旧大岡村にあった祖父母の家から望む、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳の壮大な風景に憧れ、いつかはあの尾根を縦走したいと思っている自分にとって、その麓を走るこの大会は初マラソンチャレンジにもってこいだと思ったからだ。
アップダウンのあるキツいコースだとは聞くが、タイムを狙うわけでもなく、ただ完走することが目標なのでさほど問題ではない。
幸い従兄弟の家が大町市内にあり(その節はお世話になりました。)、会場までのアクセスはどの大会よりも恵まれている。
そしてなにより、暑いくらいの最高の天気の下、素晴らしいフルマラソンデビューとなった。

14101902.jpg
iPhone5

いよいよ時間となりスタート地点に並ぶ。
谷川真理さんも「自分のペースを守って走ることが大切だ。」的なアドバイスをマイクを通ししてくれている通り、今日のペースを1キロあたり6分30秒と決め焦らずにじっくり走ることを自分に言い聞かせる。

14101902.jpg
iPhone5

参加者がさほど多くない大会のため非常に走りやすく、雄大な北アルプスを眺めながらのランは最高の気分だ。

14101902.jpg
iPhone5

順調にペースを守り走ってきたが、35キロを超えたあたりから脚に違和感を感じる。
これまで体験したことがないような感覚だが、ふくらはぎの筋肉の中がぐにょぐにょと勝手に動いているような感覚。

キロ6.5分を守って35キロまでいけたら、後は自由に走ろうと思っていたので脚の違和感を感じながらも少しペースアップ。
ところが38キロ過ぎたあたりそれは襲ってきた。
右脚のふくらはぎがつったのだ。
なんとか転ばずに道の端に寄り筋肉を伸ばすが、ふくらはぎを伸ばすと太もももがつる。
非常に困った状態。
こういう時に効果的なストレッチなど、もちろん初心者が知るはずもない。
仕方がないので後は騙し騙しゴールを目指そうと、極端にペースを落として走り続ける。
(結果で見るとさほどペースは落ちていなかったようだが...)
脚が悲鳴をあげているのは十分承知をしているが、「最後まで走り抜いて完走する。」ここだけは譲れないラインだ。

14101902.jpg
iPhone5

ゴールラインを通過した時は、ペースダウンのせいか震えるほどの寒さを感じていたので、ゴール後にかけていただいた完走賞の大型バスタオルが暖かく、完走の喜びと全力をだしきった感に浸り、幸せな気分を抱きながら芝生に倒れこんだ。

結果:4時間38分42秒 549位/868人

不本意な結果ながら初マラソンなので、これがフルマラソン自己最高となる。
来年も参加するぞー!


スポンサーサイト

category: イベント

Posted on 2014/11/09 Sun. 21:07  edit  |  tb: 0   cm: 2  

東京10K 

ブログの趣旨と合わないようね気がしてランニングネタは これまであまり書いてきませんでしたが
最近いくつか報告したい事が出来たのでポストします


iPhone5

タイトルの東京10Kですが 4月13日に赤羽にある新荒川大橋緑地にて開催された大会で 「大人の全力疾走」と銘打った 10kmに特化したランニングイベントでした
この「大人の全力疾走」というコピーを見た瞬間すっかりその気になって(単純w)参加を決意!
10kmなので特にこれに標準を合わせたトレーニングはせず ビルドアップの時に少し意識してスピードをあげる程度で当日を迎えました


iPhone5
1年目だからか会場が広いからか 人もさほど多くなく快適な会場で 土手に咲く芝桜が目に美しく めっちゃ快適に過ごせました
結果ですが その気になって走ったので 10kmの自己最高をマークしました♪


iPhone5



□■□■□■ランネタ2つ目■□■□■□■

東京10Kが終わって数日後 雑誌ランニング・スタイルさんから 以前に応募していた「金哲彦コーチのフォームチェック」のコーナーへのお誘いメールがあり こんなチャンスは滅多にないとソッコー休暇をとり参加しました

14042201.jpg
iPhone5

新木場にある夢の島公園陸上競技場で行われたこの企画
天気が心配されたのですが 結果は快晴で暑いくらいの天候でした
まず自由に走ってみて 問題点を金先生に指摘して頂き それを矯正するエクササイズ そしてアフターのフォームをチェックという流れで4名の参加者で望みました

参加者それぞれ まさに的確なアドバイスを頂き 金先生やスタッフさんの笑顔に囲まれ 参加者同士も色々な話ができて 終止和やかな雰囲気の中 本当に最高の時間を過ごさせて頂きました
5月発売の号に載るとのことなので めっちゃ楽しみです


iPhone5
記事の内容とは関係ありませんが この公園チューリップが沢山植えられていました

category: イベント

Posted on 2014/04/27 Sun. 16:51  edit  |  tb: 0   cm: 0  

七峰縦走『青空のエンディング』 

七峰縦走『雪と泥の共演』 の続きです。

大霧山を過ぎたあたりから もの凄い勢いで天候が回復に向かい 待ち望んでいた眺望がついに得られた
まさに心まで晴れ渡るかのように目の前に展開する風景に 低山である事を忘れてしまう程の感動を覚える


iPhone5

初めから天候に恵まれていたのでは おそらくこの感動は味わえないのだろう
雨の中をスタートし雪と泥に苦しんだ後ならではの爽快感だ


iPhone5

ドロドロのシューズ すっかりびしょ濡れになった足
それでもこの青空を見ながらであれば ゴールに向けて足取りも軽い

13042113.jpg
iPhone5
どこか初夏を思わせるような青空の下 エンディングへ向け歩き続けるハイカー

そして夕焼けを背にゴールしたご褒美は やっぱりこれでしょ!
13042113.jpg
iPhone5


■◇■コースタイムまとめ■◇■
小川町駅前スタート(6:20)-官ノ倉山CP(7:47)-笠山CP(11:15)-堂平山CP(12:05)-剣ケ峰CP(12:31)-大霧山CP(14:42)-皇鈴山CP(16:04)-登谷山CP(16:25)-寄居ゴール(18:00)

遅すぎて参考にならないかもしれませんが...(笑)



category: イベント

Posted on 2013/05/08 Wed. 21:37  edit  |  tb: 0   cm: 2  

七峰縦走『雪と泥の共演』 

七峰縦走『雨のスタート』の続きです。

雨脚は弱まったものの少し標高があがると雪が...

iPhone5

気温も下がり登りと稜線上や下りとの体感温度が違いすぎてレイヤリングが難しい
しかも沢山の参加者に踏まれた泥道を避けようと道を外せば積雪があり どちらも滑りやすくバランスをとって歩く事が困難な状況
まさに雪と泥の共演だ


iPhone5


iPhone5
木々が纏ったシャーベット なんか美味しそう


iPhone5
堂平山にたどり着くとどこの雪山かと思うばかりの風景が広がる
4月の埼玉でこの景色はある意味新鮮 そこそこ高い山にいるかのような写真が撮れた



iPhone5
雪景色となった縦走路を黙々と歩いてゆくと 大霧山付近でようやく晴れそうな雰囲気
最後くらいは爽快な風景を眺めながらしめくくりたいものだ


七峰縦走『青空のエンディング』に続きます。

category: イベント

Posted on 2013/05/06 Mon. 17:49  edit  |  tb: 0   cm: 0  

七峰縦走『雨のスタート』 

2013.4.21 雨 のち雪 のち晴れ

昨年初参加した『外秩父七峰縦走ハイキング大会』
雨の中レインウェアで一日中歩き通してみて 傘を持っている人が羨ましかったので
今年はGoLite CHROME DOMEを導入 雨にも備えて前日夜にパッキング

iPhone5
案の定 朝から雨模
始発電車で受け付けがある東武東上線小川町駅へ
始発だというのに小川町の改札がある後部の方の車両は座りきれない程の混雑
駅に着くとダッシュで受付へ急ぐ人が多数...皆さん凄過ぎ

少し到着が遅れた仲間を待つ間にレインウエアを着用し
生憎の雨模様を恨みながら それでも新しい傘が使えるという小さい喜びを感じる

13042101.jpg
iPhone5
本格的な雨の中のハイクとなってしまったものの 沢山の参加者と共に小川町駅をスタートし
コースマップに従って平坦な道を進む

13042105.jpg
iPhone5
雨がしたたる花って綺麗だよね...

13042103.jpg
iPhone5
登山道はところどころで渋滞
これがあるからみんなスタートを急ぐのだろうけど こんな混雑もイベントに参加してる感がかえって盛り上がるというもの
同行の仲間と無駄話をしながら ゆっくりと のんびりと

13042102.jpg
iPhone5
少し高度を上げて開けたところでも この通り
すっきりしないな

13042104.jpg
iPhone5
でも実はこういう風景は雨の中だからこそ出会えるもの このやわらかい色合いが好きなので雨の山行も嫌いじゃない



七峰縦走『雪と泥の共演』に続きます。

category: イベント

Posted on 2013/05/05 Sun. 17:05  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。