12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

富士山2013 



2013.9.7 晴れ のち 雨

午後からくずれそうな天気予報の中 青空の空が広がる富士山へ
今年で4度目となる富士登山 今回は最後に残された須走口へと向かった
今日のカメラはGR DIGITAL III しかもスクエアフォーマットで
最近こそインスタグラムで正方形の写真を良く目にするが 以前は正方形なだけで何か新鮮な感じがしたものだ
それでも撮った写真を正方形に切り出すのと 最初から正方形を意識して撮るのでは気分が違う...かな


RICOH GR DIGITAL III

須走口は他の登山口と違って樹林帯から始まる
まるで富士ではないような登山道が新鮮
トリカブトの花も美しい


RICOH GR DIGITAL III


標高が上がってくると下界は雲に遮られてまったく見えない
残念ではあるが雲の上に浮かんでいるようで気分はいい


RICOH GR DIGITAL III

青空にぽっかり浮かんだ雲
セリフを入れたら吹き出しみたいだと 誰かが言ってくれた


RICOH GR DIGITAL III

吉田口との合流地点である本八合目までは人があまり多くなく 山小屋前もどこか優雅な雰囲気
先を急がず時にはのんびり過ごすのもいい


RICOH GR DIGITAL III

標高をあげると共にだんだん雲海も高くなって来て すごい勢いで雲が沸き上がってくる

案の定この後雨となり レインウェアを着込んでの登頂となり カメラもリュックの中へ
ここからは防水カバーに入ったiPhoneの出番 でも寒さで手がかじかんでグローブを外したくない


iPhone5

この傾いた鳥居は自分にとって思い出の地 登山をはじめるきっかけとなった
初めての富士登山であまりに濃く綺麗なブルーに感動した場所
今日はガスで3m先が見えない状況 危険を感じ早々に下山の徒に着く



RICOH GR DIGITAL III
最後にパッキングが下手で不細工なザックを(笑)
スポンサーサイト

category: 富士山

Posted on 2013/10/13 Sun. 10:28  edit  |  tb: 0   cm: 0  

富士山 

2011.9.18 晴れ


RICHO GR DIGITAL III

9月、登山シーズンは既に終わり夏山の喧噪からいくらか静けさを取り戻した富士へ。
昨年は敗退してしまったものの、3年連続の富士登山はすでに仲間内での恒例行事となりつつある。
ちょうど雑誌ワンダーフォーゲルで印象的な富士の写真を見て、あんな感じの写真が撮れたらなと思っていたので、NIKON FM2にSolaris 100をつめて、山行の定番となったRICHO GR DIGITAL IIIとともに出掛けた。



NIKON FM2 + Voigtlander Nokton 58mm SL2 f/1.4

2009年が吉田口、2010年が御殿場口ときたので今年は富士宮口からということになり、早朝少し肌寒い五合目駐車場を後に、今年の山行を象徴するような天気に恵まれ、快晴の中の富士を見上げながら登り始める。



NIKON FM2 + Voigtlander Nokton 58mm SL2 f/1.4


RICHO GR DIGITAL III

独立峰ならではの見晴らしの良い景色と高度感を楽しみながら登ってゆくと、やはり信仰の山だけあっていくつかの鳥居に出会う。
特別な意図があって登っているわけではないが、やはり青空をバックにした鳥居を仰ぐと、不信心ながら心に響くものがある。



RICHO GR DIGITAL III

天候も良く、体調も万全だったのか、これまでになく悠々と頂上へ辿り着き仲間とともに昼食としたが、晴れてはいてもこの標高、頂上では結構な風が吹き荒れていて留まっていると体感温度は相当低い。



RICHO GR DIGITAL III


NIKON FM2 + Voigtlander Nokton 58mm SL2 f/1.4

日本最高峰の剣が峰を後に、日本最高地点でのトレッキングを楽しむべく念願のお鉢巡りを堪能、強風に吹かれつつ下山の途についた。



NIKON FM2 + Voigtlander Nokton 58mm SL2 f/1.4

フィルムカメラはリバーサルで撮って、ライトボックス&ルーペで鑑賞する方が好みだが、今回のようにネガで撮って、ラボのご主人に相談しながら自分好みにプリントしたり、次回のフィルムを選んだりすることも「他人任せ感」のゆるさがほど良い感じだと再発見。
利便性からいえばフィルムを使用するケースはあまり多くはないだろうけど、まったりとフィルムで楽しむのも悪くない。

category: 富士山

Posted on 2012/01/06 Fri. 21:52  edit  |  tb: 0   cm: 0  

富士山 

2010.7.18 晴れ


NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

2009年に引き続き2010年も同じ仲間と富士へ向かう事となった。
この年の目標は頂上からのご来光。
ありきたりだが、やはり一度は拝んでみたいと誰もが思うのではないだろうか。

前年は吉田口から登ったので、今年は須走口からと午後8時くらいに登山口に向かったが、既に駐車場は大渋滞。
路上にも数キロに渡り路上駐車がされており、方針変更で御殿場口へと向かう。
予定変更で出発が遅くなり、そもそも長い道のりの御殿場口ということで、早々と頂上でのご来光は諦め、8合目辺りでご来光を向かえた。



NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

頂上ではなくても、やはり初めての富士でのご来光は素晴らしく感動的であった。
話は前後するが、ここまでの真っ暗な登山道から仰ぐ星空も、これまで見た中で最も美しい夜空といえるほど素晴らしく、その後に訪れた太陽と青空の演出は、自然の素晴らしさを感ぜずにはいられない。



NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

この後すぐ仲間の体調不良により登頂を諦め敗退となるのだが、寝不足の中、小石で踏ん張りが利かない長い登山道をあるいて疲れきった体には、正直ホッとする部分があった。
それでも、登頂できなかった思いは残り、必ずやリベンジにと心に誓い、2010年の富士山行は幕を閉じた。



NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

category: 富士山

Posted on 2011/12/20 Tue. 23:41  edit  |  tb: 0   cm: 0  

富士山 

2009.9.13 晴れ

Fuji0909
iPhone

どうして山に登るようになったのか。
2009年のある日、会社の仲間に富士登山に誘われて、それまで山になんか登ったことなどほとんどないくせに、即答でOKし、頂上でなんとなくiPhoneで撮ったこの写真にその答えは凝縮している気がする。
日頃からの運動不足を棚に上げ、いきなり日本一の山の頂きに登ろうというのだから、知らぬ事とはいえ登山をなめていたなと今ならハッキリ言えるが、その時はなぜか登る前から頂上へたどり着ける予感があったし、結構シンドかったが無事たどり着いた。
その頂きに向かう途中の息をのむような風景(酸素が薄かったせいもあって)や、頂上に立った達成感が忘れられず、その後も何度となく山へ向かい、トキドキハイカーとしての道が開かれたのだと思う。
この後、カメラ方面の装備も充実していき、色々な山へ向かう話はまた次の機会で。

category: 富士山

Posted on 2011/12/07 Wed. 22:44  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。