08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

秩父御岳山 

2010.10.16 晴れ

登山を初めて1年程たった頃 いつもの奥武蔵より少し足をのばして秩父の山へ行ってみようということになり いつもの職場の山仲間と一路秩父路へ
最近でこそ単独行が増えたが 思えば当初はいつもこの仲間達と登っていたっけ
年齢も30代40代50代とバラバラなのに 不思議と気の合うメンバー


NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

秩父御岳山は1,080m程の標高なので 高い山ではないものの 奥秩父山塊に属するだけに雰囲気のある山
登山道も後半結構岩場のアップダウンを繰り返し 頂上へと到達する



NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

頂上は思いのほか狭くて 頂上で昼食をとの思惑が... 
しかし他に登山者もなく なるべく端によけていただくことにする



NIKON D90 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-105mm f/3.5-5.6G ED

低山の割に頂上からの眺望が良く
奥武蔵の山々から望んでいた 両神山もぐっと近くに見え 思えばここで両神山に登ろうとあらためて意識したのだ
こうして山行は繋がって行く
スポンサーサイト

category: 秩父御岳山

Posted on 2012/09/23 Sun. 18:19  edit  |  tb: 0   cm: 5  

谷川岳2012② 

谷川岳①の続きです


RICHO GR DIGITAL III

道標の写真を撮りに行ったため肩の小屋より少し上部の合流地点にでてしまい少し下って小屋を目指す
谷川とは相性が良いのか 本日も呆れるくらい青い空の下 美しい稜線が続いている



RICHO GR DIGITAL III

今日の大きな目的の一つがこれ
遠く平標山まで続くこの稜線はいつかどうしても歩いてみたいルート
一番最初のピークまででも偵察を...と考え 皆が目指す頂上に背を向ける形で足を踏み出す


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8



RICHO GR DIGITAL III

鮮やかな青い空と大地の緑のコントラストに囲まれながら 少し強めの風が吹くこの稜線は 思った以上に快適で 多少歩きづらい道ではあるものの その困難を上回る喜びを与えてくれる



OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

鞍部まで来ると中ゴー尾根への分岐 この道標も素敵に錆びていて雰囲気がある

ここからオジカ沢ノ頭にむけて登ってゆくのだが4分の3程登ったところで問題が...
前方に登山道を整備して下さっている方が草刈り機で一生懸命草を刈っている
(後で知ったことだが この方が肩の小屋のご主人らしい)
どうしても先に行きたい訳でもなく 時間も設定していた11:00に近づいていたため 今日はここまでとして美しいの爼嵓(まないたぐら)への稜線をカメラにおさめ引き返すことにした


RICHO GR DIGITAL III


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8


思った以上に脚にくる肩の小屋への登り返しにひとしきりあえぎ 肩の小屋前のベンチにて大量の水分を補給し昼食をほおばる
これから急な西黒尾根をくだるので十分に体力を回復させ 最後にもう一枚大好きな稜線の写真を撮って下山の徒に着いた


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

category: 谷川岳

Posted on 2012/09/17 Mon. 10:36  edit  |  tb: 0   cm: 4  

谷川岳2012① 

2012年8月16日 晴れ

夏休みの最終日に大好きな谷川岳を訪れた

今年は頂上を目指すのではなく めずらしく自分に課題を課せての山行
1.これまで登ったことのない巖剛新道から登る
2.下りとしては初体験の西黒尾根を下る
3.万太郎山方面の主脈縦走の偵察をする

早朝の駐車場を出発し真夏日が予想される好天の中マチガ沢へと向かう


RICHO GR DIGITAL 3

一の倉沢の岩陵も圧倒されるが マチガ沢の風景の方も当然捨てがたく見る者の目を奪う


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8


巌剛新道は沢伝いに登ってゆき やがては西黒尾根へと合流する道だが
登り始めは西黒尾根のそれと比べて案外緩やかで登りやすい
ただマチガ沢の絶景を眺めながら...との目論みは外れ展望のない樹林帯をじりじりとあがる


RICHO GR DIGITAL 3


気が付くとそこそこ高度を稼いでいて 湯檜曽川を挟んだ対面の山々が美しく 沢を吹く冷たい心地よい風に吹かれながら至福の時を味わう


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8


RICHO GR DIGITAL 3

写真がなく残念だが 巌剛新道は初めゆるやかなものの かの急登 西黒尾根と合流するだけあって 後半はそこそこ急なクサリ場やハシゴなどを通過して西黒尾根へと合わさる


西黒尾根と合流してからはいつもの道 少しスリリングな岩陵帯の登りを楽しみ
頂上直下の天神尾根からの合流地点へと シンボル的存在である肩の小屋上の道標を目指して登ってゆく



谷川岳2012②に続く

category: 谷川岳

Posted on 2012/09/02 Sun. 23:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。