04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

あの空の下 


OLYMPUS PEN FT + F.Zuiko 38mm f1.8

怪我のためあまり野山へ出掛けられないので昨年の夏の写真でも

夏山が好きなのは 眩しいくらいの緑と抜けるような青空に出会えるから
もちろん大きく天候に左右される事だけれど
登りでたっぷり汗をかいた肌に感じる稜線上の風
これがたまらない
どんなにキツくてもまた山に行きたくなる

たいした怪我ではないけれど早く治さなくては素敵なシーズンが始まってしまう
あせらずじっくりと言い聞かせる毎日

スポンサーサイト

category: OLYMPUS PEN FT

Posted on 2013/05/26 Sun. 09:52  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ネモフィラ 



ひたち海浜公園の丘一面のネモフィラが見てみたくて 今年こそは訪れたいと思っていたのに
なかなかそのチャンスに恵まれず諦めていた
そんなゴールデンウィークに訪れた さいたま市にある『大宮花の丘農林公苑』
さほど大きくない花壇ではあるものの りっぱに一面に咲き誇るのネモフィラに出会えた
スケールは全く異なるものの この美しい繊細なブルーにはやはり心を惹き付けられ
素敵な休日の午後を過ごせた

category: 風景

Posted on 2013/05/12 Sun. 17:48  edit  |  tb: 0   cm: 2  

七峰縦走『青空のエンディング』 

七峰縦走『雪と泥の共演』 の続きです。

大霧山を過ぎたあたりから もの凄い勢いで天候が回復に向かい 待ち望んでいた眺望がついに得られた
まさに心まで晴れ渡るかのように目の前に展開する風景に 低山である事を忘れてしまう程の感動を覚える


iPhone5

初めから天候に恵まれていたのでは おそらくこの感動は味わえないのだろう
雨の中をスタートし雪と泥に苦しんだ後ならではの爽快感だ


iPhone5

ドロドロのシューズ すっかりびしょ濡れになった足
それでもこの青空を見ながらであれば ゴールに向けて足取りも軽い

13042113.jpg
iPhone5
どこか初夏を思わせるような青空の下 エンディングへ向け歩き続けるハイカー

そして夕焼けを背にゴールしたご褒美は やっぱりこれでしょ!
13042113.jpg
iPhone5


■◇■コースタイムまとめ■◇■
小川町駅前スタート(6:20)-官ノ倉山CP(7:47)-笠山CP(11:15)-堂平山CP(12:05)-剣ケ峰CP(12:31)-大霧山CP(14:42)-皇鈴山CP(16:04)-登谷山CP(16:25)-寄居ゴール(18:00)

遅すぎて参考にならないかもしれませんが...(笑)



category: イベント

Posted on 2013/05/08 Wed. 21:37  edit  |  tb: 0   cm: 2  

七峰縦走『雪と泥の共演』 

七峰縦走『雨のスタート』の続きです。

雨脚は弱まったものの少し標高があがると雪が...

iPhone5

気温も下がり登りと稜線上や下りとの体感温度が違いすぎてレイヤリングが難しい
しかも沢山の参加者に踏まれた泥道を避けようと道を外せば積雪があり どちらも滑りやすくバランスをとって歩く事が困難な状況
まさに雪と泥の共演だ


iPhone5


iPhone5
木々が纏ったシャーベット なんか美味しそう


iPhone5
堂平山にたどり着くとどこの雪山かと思うばかりの風景が広がる
4月の埼玉でこの景色はある意味新鮮 そこそこ高い山にいるかのような写真が撮れた



iPhone5
雪景色となった縦走路を黙々と歩いてゆくと 大霧山付近でようやく晴れそうな雰囲気
最後くらいは爽快な風景を眺めながらしめくくりたいものだ


七峰縦走『青空のエンディング』に続きます。

category: イベント

Posted on 2013/05/06 Mon. 17:49  edit  |  tb: 0   cm: 0  

七峰縦走『雨のスタート』 

2013.4.21 雨 のち雪 のち晴れ

昨年初参加した『外秩父七峰縦走ハイキング大会』
雨の中レインウェアで一日中歩き通してみて 傘を持っている人が羨ましかったので
今年はGoLite CHROME DOMEを導入 雨にも備えて前日夜にパッキング

iPhone5
案の定 朝から雨模
始発電車で受け付けがある東武東上線小川町駅へ
始発だというのに小川町の改札がある後部の方の車両は座りきれない程の混雑
駅に着くとダッシュで受付へ急ぐ人が多数...皆さん凄過ぎ

少し到着が遅れた仲間を待つ間にレインウエアを着用し
生憎の雨模様を恨みながら それでも新しい傘が使えるという小さい喜びを感じる

13042101.jpg
iPhone5
本格的な雨の中のハイクとなってしまったものの 沢山の参加者と共に小川町駅をスタートし
コースマップに従って平坦な道を進む

13042105.jpg
iPhone5
雨がしたたる花って綺麗だよね...

13042103.jpg
iPhone5
登山道はところどころで渋滞
これがあるからみんなスタートを急ぐのだろうけど こんな混雑もイベントに参加してる感がかえって盛り上がるというもの
同行の仲間と無駄話をしながら ゆっくりと のんびりと

13042102.jpg
iPhone5
少し高度を上げて開けたところでも この通り
すっきりしないな

13042104.jpg
iPhone5
でも実はこういう風景は雨の中だからこそ出会えるもの このやわらかい色合いが好きなので雨の山行も嫌いじゃない



七峰縦走『雪と泥の共演』に続きます。

category: イベント

Posted on 2013/05/05 Sun. 17:05  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。